事業についてOur Service
私たちについてAbout us

終わりなき旅へ

本年、最初の記事となります。
またしても月日が流れてしまいました。
京都は、まだまだ寒さが残ってはいますが、底冷えのするような寒さはすっかり消え、穏やかな春の陽気を感じられる、ゆっくりとした時間が流れています。
いつもは観光に訪れる方々で、ひしめき合う、京都の桜の時期も、今年もまた昨年同様、いつもより静かな時間が流れていました。

さて本日は、訪れて下さった皆さまに、ささやかなお知らせをしたく、筆を取りました。
と、その本題に入る前に、少しばかし余談をさせて下さい。時を遡りながら、春についても思うことを少し。

今から約1200年ほど前の794年。
京都に都が置かれました。それから幾重もの季節を巡りながら、今年で1227回目の春を迎えたことになります。
そうやって重なりゆく月日を振り返ってみると、人が一生の内に出会える春の数は、一体いくつぐらいなのだろうか、とそんなことを考えさせられます。
そしてまた、いつも当たり前のように迎える、この美しい季節も限りあるものであるという事実にも気付かされます。

もしかすると、意識するにせよ、しないにせよ、有限であるがゆえに、春の喜びは、誰にとっても大切なものなのかもしれません。
果てしなく続く時の流れの中で、一瞬の時を掬い上げるかのように生きる人の儚さと、春のひと時に散りゆく桜の美しさを無意識で重ね合わせるように。

人はいつも、無限と有限、その二つの時の流れをあざなえるようにして生きているのだということを春の季節は、私たちに教えてくれるような気がします。

そんな春の時節に、一つの旅の物語を、気持ちを新たに、再び紡いでいくことになりました。
それは、昨年から更新が滞っておりました、HAS Magazine
試行錯誤しながら、改修を重ねることで、ようやく新たな旅に出る準備が出来ました。

この世界にある星の数ほどある、膨大な美しい物語に出会う旅へ。限りがあるがゆえに、終わりなき旅へ。

これから日々、皆様のもとに様々な美しい物語を届けていきたいと考えております。
時をおり、ふと訪れて頂けると嬉しく思います。
心をそっと静かに包み込むような物語をご準備しています。

どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

HAS Magazine