事業についてOur Service
私たちについてAbout us

美しい物語を通して、
世界をより豊かに、美しくMake the world enriching and beautiful
through beautiful stories

世界は物語で出来ている。
それは偶然手にしたある画集に綴られていた言葉。
旅に出る度に、新しい景色に出会う度に、その言葉を思い返しながら、世界にはたくさんの美しい物語があふれていることに気付かされます。
そして、そうした物語は、時に人の心をあたため、誰かの一歩を支える力となり、まるで夜空に瞬く星々のように、それぞれの輝きで、世界を照らし出しているということにも。

スタジオ・ハスは、そんな世界中の美しい物語を集め、一人でも多くの人々のもとへ届けていくことを目指し、始まりました。
人種や国境、時代を越え、様々な人々の暮らしを輝かせるような、そんな美しい物語を、大切な誰かに手紙を綴るように。
studio has
01
美しい物語への想い
Our Story

私たちが大切にしている
美しさへの想い

Learn More
02
私たちが目指すこと
Our Vision

私たちが思い描く未来と
その想いについて

Learn More
03
行動指針について
Our Value

私たちが大切にしている
価値観について

Learn More

Our Story
美しい物語への想い

美しい物語と蓮の花美しい物語への想い

Beautiful Story and LotusOur Story

美しい物語を紡ぎ、一人でも多くの人に届けていくこと。
それが私たちの仕事です。
美しさとは、受け取る人によって、多様な意味を持ちうる言葉。
その言葉の意味を想う時、いつも思い起こす、 ある人々の姿があります。
それは、ひたむきに生きる人々の姿。
自らが定めた目標に向かって、時に迷い、後退しながらも、それでも日々歩みを重ねながら、前を向く人々の姿。
誰に誇るでもなく、自らの誇りにもとづいて、時に己を疑いながらも、それでも己を信じ、歩み続ける人々の姿。
そうした人々の姿に出会う度に、本当の美しさとは飾り立てた言葉や華々しい装いに宿るのではなく、情熱という心の輝きをまとう人々にこそ宿るものだと思うのです。
美しい物の背景を紐解いていくと、どれもが己の葛藤や苦悩を乗り越えながら、一身に向き合い続ける、ひたむきな人々の物語を携えているのは、決して偶然ではなく、必然なのだと。それは、泥の中でこそ美しい花を咲かせる蓮の花のように。
私たちが考える美しさは、姿や形ではなく、そんな内側から滲み出るような美しさ。
私たちは、スタジオ・ハスという名前に、蓮の花の在り方を重ね合わせながら、そんな美しさへの想いを込め、今日もまた物語を紡いでいます。

Next Philosophy
Our Vision
私たちが目指すこと
Close Page

Our Vision
私たちが目指すこと

美しい物語で世界を満たす私たちが目指すこと

Filling the world with beautiful storiesOur Vision

人々のひたむきな想いが紡ぎ出す美しい物語は、その内に様々な経験を重ねる中で育まれた、生きた知恵や感性、そして情熱を秘めています。
だからこそ、そうした物語は、様々な人々の心を動かし、 時に新たな一歩を踏み出す人々の支えとなり、 その歩みの途上で道に迷った時には、足もとを照らし出す灯りとなり、 また新たな美しい物語を生み出す力となると私たちは考えています。

美しい物語が、また新たな美しい物語を生む。
その幾重もの連鎖が、いつしか世界を美しい物語で満たし、 あらゆる人々が、本当の意味で自分自身を生きる世界が広がり、 より豊かな社会が実現されていくのではないだろうか、 そんな願いを私たちは持っています。

百数十億年前という宇宙のはじまりから、数多もの奇跡のような偶然が重なり合い、 この小さな地球に生まれ落ちた私たち。
この宇宙に存在する、数兆とも数千兆とも、それ以上とも言われる星々の中のたった一つの星。
その途方もない時間と星々の中で、一瞬の光のように生きる私たち。
その光の中で、偶然か必然か、同じ時代を共有する数十億の命。

世界中の美しい物語を紡いでいくことで、 いつの日か一つ一つの命が、小さな星々の瞬きとなり、 いつしか大きな光となることを願って。

Next Philosophy
Our Value
行動指針について
Close Page

Our Value
行動指針について

5つの行動指針

Our Five Values

私たちが仕事を行う上で大切にしている考え方を5つの行動指針として定めています。 時代に応じて、様々な価値観や常識が変化していくのは必然ですが、ぶれない判断の基準として、この行動指針を定めることで、あらゆる変化に柔軟に対応しながら、創業の理念を見失うことなく、研鑽を重ねながら歩み続けることが出来ると考えています。

1.何よりも人を大切に

私たちは事業を行う上で、何よりも人を大切にします。
本来、企業及び事業主の本分は、決していたずらに金銭的な利益や規模の拡大・成長を追うことではなく、一人でも多くの人が幸せになれるような価値を提供する、公益に資することだと考えています。
その為には、事業に関わる人全てが幸せである必要があります。人を大切にするにはどうすれば良いか、喜びを持って仕事を成すにはどうすれば良いかを常に問いながら、私たちは仕事を行います。

2.良識を育むこと

私たちが社会生活を営む上で、必要になる知性として「常識」と「良識」の二つの知性があります。
「常識」は、人々が心地良く共生する上で必要となる社会の共通の規範を定めた知性であり、 時代により、地域により、その在り方は大きく変化します。
それに対し「良識」は、不変的な知性として存在するものです。百年前も、今も、これからの未来も決して変わることのない、人々がより良く生きる為の普遍的な知恵とも言うべきものです。
そうした良識を育んでいくことで、常識に捉われず、あらゆる変化に対応しながら、 より良い社会を実現する新たな常識を創造出来ると考えています。

3.簡潔さと慎み

私たちは「簡潔さ」と「慎み」という二つの言葉を事業を行う上での大切な美学としています。
「簡潔さ」という物差しで、見極めていくことで、より削ぎ落とされた本質的な価値を捉え、紡ぎ出すことが出来、「慎み」という物差しで、省察することで、より調和の取れた徳性を養い、その価値に品格のある佇まいを施すことが出来ると考えています。
そうした二つの言葉を大切にしていくことで、より多くの人々の暮らしを豊かにすることが出来る短期的ではなく、永続的な価値を提供出来ると考えています。

4.ローカルとグローバル

私たちは真のグローバリズムとは、画一的な価値の共有ではなく、ローカルに根差した価値の創造だと考えています。
世界的な視野で、自分自身の足元にある価値を見定め、その価値を深く育て、広く世界に届けていくことで、人類共有の資産として新たな価値を創造していく姿勢こそが真のグローバリズムであり、私たちが事業行う上で大切にしている姿勢です。

5.一人でも多くの人に

私たちは、事業を通し、様々な美しい物語を多くの人々に届けていくことで、あらゆる人々が自分らしく生きることが出来る社会の実現の一助となりたいと考えています。
自ら作り出す価値を高めていくと同時に、その価値を一人でも多くの人に届けていくことを常に念頭に置きながら、あらゆる事業を展開しています。

Next Philosophy
Our Story
美しい物語への想い
Close Page